事業・活動情報

一般社団法人 日本住宅防音協会

当協会は、音に対しての基本的な認識や考え方の違いが原因で発生する防音工事のトラブル解消を目的とし、契約から完成引き渡しまでの指針として「住宅防音工事におけるガイドライン」と「防音工事 重要事項説明書」を活用し、工事依頼者、施工業者双方が同一の工事基準を共有することで防音工事におけるトラブルを無くすことを目指します。

アクティブ音への対策と、ネガティブ音への対策の違い

当協会では、防音の目的を大きく下記の2つに分けて考えています。

(1)アクティブ音への対策
ホームシアターやオーディオ、楽器演奏など生活を豊かにする音を外部へ漏らさないという事を目的とした対策。

(2)ネガティブ音への対策
生活する中で聞きたくない、不快な音の発生や侵入を防ぐ事を目的とした対策 。

どちらの音への対策が目的なのかを明確にして、防音工事計画を立てる事が重要です。

本来の防音工事の目的を達成するために必要な事は、目的を共有する事

防音工事を依頼する側(施主)と工事を請け負う側(施工業者)が、工事の目的を共有しないと完成のポイントにズレが生じ、必ず問題が発生します。
施工業者はあらかじめ施主に工事後の音環境を提示し、工事の目的を共有しておく必要があります。
特に防音工事において、「主観的」「感覚的」な表現はトラブルの原因となります。

一般社団法人日本住宅防音協会は「住宅防音工事におけるガイドライン」及び、「防音工事 重要事項説明書」の活用・推進とともに、下記の様 な活動を行っています。

  1. 防音、遮音、音響等についての調査、研究及び情報の提供に関する事業
  2. 防音工事、遮音工事、音響工事に関わる人材の育成、養成及び指導に関する事業
  3. 各種検定、資格試験の企画、運営、実施及び資格認定に関する事業
  4. 各種セミナー、講習会、講演会、イベント等の企画、立案、運営及び実施に関する事業
↑上に戻る
「住宅防音工事におけるガイドライン」について

「住宅防音工事におけるガイドライン」は主として、一般住宅を対象とした防音工事において、工事依頼者と施工者の双方が同一の施工水準を認識し、防音工事の完成基準を請負契約の前に共有する事で、トラブルを回避することを目的としています。
防音工事において施工者と工事依頼者の間で「防音」に対して理解に差があるケースが多くみられます。 そのため、工事終了後に「音」に対する認識の相違からトラブルが発生する場合が多々あり、まれに訴訟にまで発展するケースもあるようです 。
そこで、本「住宅防音工事におけるガイドライン」を利用し、この相違を解消していくことが、日本住宅防音協会の主な目的です。

「防音工事 重要事項説明書」について

防音工事は施工場所の環境により、満足感に相違が発生しやすい工事のひとつです、仮に全く同じ材料と同じ工法で施工したとしても、周囲の騒音レベルが高い都市部の住宅では多少の音漏れは気付きにくく、静かな住宅地では少しの音漏れも気になります。
同じ施工業者、施工内容でも施工場所の環境によって工事の結果が変わるのでは、依頼者も施工業者も納得することが難しいでしょう。
施工場所の環境のもとで、どこまでの防音水準を求めるのかを事前に工事依頼者と工事請負業者とで確認する為に、「防音工事における重要事項説明」を行う事により、施工後のトラブルを未然に回避することが可能です。

↑上に戻る
防音工事の後でも、事前相談でもご相談をお受けします。

当協会は、広く一般消費者や住宅防音に関わる方々に対して、情報共有と提供、施工技術、知識の向上に関する事業等を行う事により、防音工事の品質向上と、消費者の保護に寄与することを目的とした活動を行っております。
当協会は、生活する中においての防音問題の解決の窓口となれるよう、防音に関する専門的なアドバイスや、当協会の会員企業等をご紹介致します。
また、防音対策商品を購入したが、効果が感じられないなどの防音対策商品のご相談もお受けいたします。

ご相談に関して

音の問題は多岐多様です。その問題全ての解決をお約束する事は出来ませんが、音マスキング、吸音材の利用、音の反射方向を変えることで解決につながる事が多い事も事実です。防音工事の専門家をご紹介したり、より良い音環境を作るためのアドバイスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

協会にご相談いただける内容の一例

  1. 住宅における防音工事前の事前相談
  2. 住宅における防音工事後のご相談
  3. 防音建材・遮音商品などに関するご相談
  4. その他、住宅防音対策や防音工事に関するご相談

ご相談フォーム

防音ご相談フォーム

お名前
お電話番号
お住まいの県
メールアドレス
ご相談内容  

※お困りの内容や状況をできるだけ詳しくお書きください。

↑上に戻る
会員・賛助会員について

当協会は、音の問題を解決したい市民と建築技術者が同じ『音に対しての基準』を共有する事を目的とし、効率良く高い施工技術を均一に提供できるように『住宅防音工事におけるガイドライン』を策定しています。
また、工事後のトラブルを防止する為、『防音工事 重要事項説明』を策定し、利用を推進しています。
当協会の活動に賛同し、防音についてより深い知識を取り入れたい企業・団体様、防音工事に関してのガイドラインや情報を共有し活用されたい企業・団体様の入会のお申し込みを受け付けております。

各会員について

以下の、「会員」「賛助会員」の入会を受け付けています。

  1. 会員
  2. 賛助会員

法人向けご相談フォーム

法人向け防音ご相談フォーム

会社・団体名
ご担当者名
お電話番号
お住まいの県
メールアドレス
ご相談内容  

↑上に戻る
ホームページ制作 福岡